in situ

書きたい事を書くところ

20半ば男が美肌を求めて

20半ばを過ぎて、見た目の成長は止まり、これから落下していくだけと思うと自分の賞味期限は過ぎたのかと思ってしまう毎日。ふと、自分の姿を鏡で写し、顔の細部まで観察する。10年前と比べ、肌質は落ち、乾燥とニキビ跡の目立つ20半ばの男の肌だ。別に他人に指摘される程の粗悪な肌質と言うわけではないけれど、「卵肌」や「美肌」、テレビコマーシャルで流れる「肌男」なんてフレーズは言われたことはない。そんな肌を見て、ふと「ここから若返る事は可能なのか?」と疑問が浮かぶ。「アンチエイジング」という言葉をよく耳にする様になった今日、自分も肌改善をしてみようと思った。

10年来になる開いた毛穴

Face

「20半ばになると、ニキビは殆ど出来なくなる。」と、何処かで聞いたことがある。人によって肌質や環境に違いがあるが、自分は10代の頃の乱れるように吹き出てきたデキモノが20代になると殆ど消えた。もちろん、「殆ど」というのは、酒の過剰摂取した翌日や、脂質の多い食品を暴食した次の日にはこの年になってもニキビは未だにできるからだ。おかげで健康的な食事をしている分には肌の凹凸は少なく、10代の頃の様な思春期の凸凹した肌にはならない。しかし、世の中でいう「美肌」ではないのは、10代半ばから変わらない開いた毛穴の存在が有るからだ。もう10年にもなる開いた毛穴は、遠目には分かりづらいが、近くで見ると悲惨な状態で、透明感のある肌とは程遠い。10代の頃から肌質の改善をしてこなかった為に、毛穴は黒ずんでしまっている。それを簡単に消せるといったうたい文句で販売している「ピーリング」や「ゴマージュ」といった商品に手を出した事もあるが、詳しく状態を調べる事をせず、正しくないスキンケアと、正しくない処置のお陰で肌に鞭を打ち、結果として変化なし、若しくは悪化してしまった。その繰り返しが、何も変わらない今だ。

現状を確認する

ではどうすれば肌は改善されるのか。それをこの歳になってから真剣に調べる事にした。過去に調べた時は某掲示板やサーキュレーションサイトを少しだけ見て情報を鵜呑みにするといった自殺行為を続けていたが、今後は多数のサイトやブログ、情報誌や掲示板など複数のメディアを調べて情報を得る事にした。もちろん、肌に関しては個人差がある為、情報によっては自分に当てはまらない事もあるので、情報の精査は欠かせない。その為に、自分の事を見つめ直し、自分の肌の状態を知る必要がある。

自分の肌を知る

skin

肌の状態を知る。専門機関や化粧品販売店といった場所に肌質を調べる機械がありそうだが、肌質を調べる為に男が一人で行くのは少々ハードルが高い。今回は「肌質 チェック」で調べて該当したWEBサイトの情報を参考にする事にした。複数のWEBサイトのチェック項目を参考にした結果、自分は「脂性肌」だということが判明した。

「脂性肌」の対処を考える

自分の肌質が「脂性肌」だったのは納得のいく結果だった。というより、再確認できたといったところだ。10代の時に比べれば多少良くなったが、午後になれば肌はテカリ、不快感がする。昼休みに水洗顔が必要だったのも頷ける。

「脂性肌」の改善をする為に、今後は脂性肌用のケアを中心に行なっていきたい。そこで現在行なっているスキンケアを書き出していく。

【朝】

洗顔料: メンズビオレ 泡タイプ

化粧水: ナチュリエ ハトムギ化粧水

※シェービング

【昼】

洗顔料: 水

【夜】

洗顔料: ロゼット ガスールブライト

化粧水: ナチュリエ ハトムギ化粧水

朝は泡タイプを採用、夜はロゼット洗顔パスタ ガスールブライトを泡だてネットで泡だてて使用。肌質を考慮した洗顔料&化粧水選びをせず、Amazon@cosmeといったレビューサイトを鵜呑みして購入した物を使用。

まずは何から始めようか

Start

現状、このスキンケア用品に不満はないが、肌質向上に至っていないので「最適」では無いようだ。また、スキンケアの基礎知識すら自分は知らない。スキンケアの基礎知識(洗顔方法や注意事項)を知るとともに、洗顔料を選んで行こうと思う。

 

さて、頑張ろう。