in situ

書きたい事を書くところ

ファイナンシャルプランナーと話したよ

寒い日と暖かい日が入れ替わるように訪れるので少々体調の悪いこじまです。

家探しをしていく上で、住宅に関する金銭事情の他に、人生設計をしっかり考えたほうが良いとの事で、ファイナンシャルプランナー(以下FP)の方とお話をしました。

今回はお金についてのプロと話した事について少し書いていこうかと。

Money

FPってなんだ

現在、家探しを進めています。差し迫ったものでは無くゆったりと探しているのですが、税金の控除に期限がある(?)事や低金利時代という事で出来れば早めに購入しておきたいところ。

そんな訳で大手ハウスメーカーで家探しをしている訳ですが、ほぼ全てのメーカーで希望額を超えるみたい。大手ハウスメーカーの営業は私の希望額を伝えると「んーーーー。この額でこの辺りの土地を買うのは難しそうですね…」と苦い顔。まぁそうでしょうね…と理解はしているのだけれど、金額を上げて自分の首を絞めたくない私。将来の先行き不安から、余裕のある返済額で家購入を考えていた訳です。

ちなみに、私が家購入をしていく際に、総合的な金額を計算する際に使ったのがsuumoのシミュレーションサイト。

物件購入費から月々の支払いを考え、今現在の収支から購入金額可能かを判断する「支払額シミュレーション」と、月々の支払いから金利や頭金を指定して物件購入の限度額を調べる「購入可能額シミュレーション」があり、私は支払い額シミュレーションを使いながら自分の支払い能力と金利を踏まえて購入金額を決めました。

その事を、購入金額をどうやって決めたのか聞いてきた大手ハウスメーカーの営業に「もしかしたらもっと上げれますよ?FPの先生に聞いてみましょうか?」との事。

私の人生ではFPに関わる機会が今まで無かったので、「FPってなんだ?」というレベル。営業の話だと、お金のスペシャリストで、人生設計を一緒に立ててくれる人で、お金の相談をする先生らしい。なるほど、便利な人がいるものだなと思い、営業に二つ返事で了承しました。費用はハウスメーカー側負担で無料らしく、契約もしていないのに外部のサービスが受けれるのは凄いと思いつつ「タダより怖いものはない」とやや警戒し、裏で購入金額の吊り上げの為にグルになってるんじゃ?と邪推する私。

それでも「一回経験しとくかー」と話を進めると、FPの先生は忙しいらしく、翌週に話し合いはずれ込んだ訳です。

FPによるタメになるお金の話

Money

FPの先生とのお話にはハウスメーカーの営業は同席しませんでした。裏で話した内容を報告したりしているのでしょうが、私のような本音を言い辛い人からすれば1対1の状況はうれしかったです。

給与明細や源泉徴収書を始めに、保険や収支関連のわかる家計簿など、手元にあるキャッシュフローがわかるものを手渡しヒアリングした内容をパソコンに打ち込んでいくFP。1時間ぐらいの話合いを経て、現状のベースアップからして希望額を500万引き上げることができるとのコト。

suumoの支払額シミュレーションでは現状の支払い可能額から算出していたので、専門家と専門のソフトよりも正確な数字が分かったわけですが....。

それって順調に増えていった場合だよね?

私の勤め先は今後10年は安泰だろうけど、その先は不透明な企業。いや、どこもそうなのだけれど、もし退職してすぐに手に職がつくような仕事(需要のある資格職や潰しのきく営業等)をしていないので、10年後に業績が悪化した場合はすごくキツイんです。なので現状の生活水準以上の物件を無理して買うのは怖いな...と。現状の生活水準ならば転職してもなんとかなりそうなんですよね。しかもFP先生が言うには、5年後まで貯金はキツイとのこと

それ、やべーよ。

今後は親の介護が見え隠れする世代に突入するわけで....そんな中お金という武器を持ってないのは自殺行為すぎる。まぁ、もちろん親も貯金はしてるだろうけど、それだけで足りるという保障は一切ないからね。それに子育て世代ってのもある。子供のことも計算に入れていたけれど、その数字だけで足りるのかっていうね...。だから貯金は少しでもしておきたい。もし万が一のことがあったときにお金があればどうにかなることもあるし。

というわけで、FPの先生には増額できるという「情報」はもらったけれど、ウチの家購入には参考にしない方向で。

でも今回の限度額を知ったことで、順調にいけば500万は+で貯蓄できるってコトですので、これを知ったのはかなり大きい。そして自分の人生設計を一緒に話したことで、何が使いすぎってコトも知れたのは良かったですね。

そして翌週もハウスメーカー

Dr. Neil deGrasse Tyson Visits NASA Goddard

やっぱりグルでした、FPの先生笑。まぁ、当然ですよね。

話があるとの事で呼ばれたので「また今週も行くのかよ!」と面倒臭いと思いつつも、話を聞きにメーカーへ。FPさんから情報を貰ったのか、不必要な情報や、こちらのニーズに合わない物件を進めてきたりと....。営業さんすべてを否定するつもりはありませんが、顧客の言い分をきちんと聞いてほしいですね。無理なら無理で私はいいと思うんです。キッパリと断ればいいんじゃないかなーって思うんですが、案件を取りたいのか長々と話を長引かせて。

限度額が伸びたので、「この客買ってくれるかも」と思うのは当然ですが、こちらからすれば「え、増やさないよ?」と思ってます。かわねーよ!とは言えないチキンな私..。

今すぐ購入!というわけではないのでゆっくり家探しをしている私ですが、今回のお金のことはすごくタメになりました

家探しをしている人も、そうでない人も、今現在と今後の収支を計算し、自分がどれだけお金をかけて家を建築できるかをハウスメーカーのFPに相談するのはいいかもしれません。だって

無料ですしね